Windows 10 1809 (2018年10月の更新)がリリースされた

前回の投稿に、「Windows 10 1809 (October 2018 Update)がなかなかリリースされないですね。」と書きました。ところが、その直後の10月3日にリリースされました。というわけで、アップグレードを始めました。

Windows 10 October 2018 Update

アメリカ時間で2018年10月2日(日本時間で10月3日)に、Windows 10 October 2018 Updateの提供が開始されました。

発表の内容は英語版Windows Blogの「Empowering a new era of personal productivity with new Surface devices」にあります。このブログの翻訳は、日本語版Windows Blogの「新しい Surface でパーソナルプロダクティビティの新時代を支援する」にあります。

この記事の内容は、Windows 10 October 2018 Updateに特化したものではなく、どちらかというと、同時発表のデバイス(Surface Pro 6, Surface Laptop 2, Surface Studio 2, Surface Headphones) がメインの発表となります。この発表の中でWindows 10 October 2018 Updateのリリースがアナウンスされました。

2018年4月の更新と同様に、「October 2018 Update」という名前はついていますが、この名前は「設定」では表示されません。「設定」で表示される「バージョン情報」は以下の通りです。

  • バージョン:1809
  • OSビルド:17763.1

前回(April 2018 Update)では、4月30日に配信開始で、ぎりぎり4月(April)でした。今回は、10月2日(米国時間)なので、余裕をもって10月(October)にリリースできたようです。

アップグレード方法

この大型アップデートのアップグレード方法ですが、前回の更新と同様に、以下のように三つの方法があります。

  • Windows Update」からアップグレードする
  • 「Windows 10 更新アシスタント」をダウンロードして、それを実行してアップグレードする
  • 「メディア作成ツール」をダウンロード・実行して、メディアを作成した後、その中の Setup.exe を実行してアップグレードする

もっとも容易なのは、一つ目のWindows Updateからアップグレードする方法です。Windows 10では、アップグレードも基本はWindows Update経由で自動配信されます。ただ、今までの経験上、すべてのWindows 10のPCでアップグレードがすぐに開始されるわけではありませんでした。実際、いままでの大型アップデートでは、段階的な展開がされており、Windows 10がプリインストールされたPCから優先的に配信されていました。そのため、順番が遅いグループのPCは、Windows Updateからアップグレードできるのは公開日より、かなり遅れていました。

このような配信が遅いグループのPCであっても、後者二つの方法では、すぐにアップグレードをすることができました。

ただし、前回のアップグレードで分かったことですが、Windows Updateであっても、ユーザーが明示的に「更新プログラムをチェック」ボタンをクリックすると、最新のWindows 10(今回の場合はWindows 10 1809 (October 2018 Update))が見つかり、アップグレードできます。

後者二つの方法で必要となる「Windows 10 更新アシスタント」や「メディア作成ツール」は、以下のURLのページ内のリンクからダウンロードできます。

Windows 10 のダウンロード
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
(2018年10月8日時点でのURLです)
Windows 10のダウンロードサイト
上記のダウンロードサイトの画像は、Windows 10 1803 (April 2018 Update)の時のものですが、ボタンの場所は今回も同じです。

「メディア作成ツール」のEXEファイル名ですが、前回は、MediaCreationTool1803.exe (電子署名は2018年4月12日)でした。今回は、MediaCreationTool1809.exe (電子署名は2018年9月15日) です。上記の「Windows 10のダウンロード」ページから「メディア作成ツール」をダウンロードする場合、Windows 10のリリース状況により、ダウンロードできる「メディア作成ツール」のバージョンが変わってしまいます。ダイレクトダウンロードリンクであれば、必ずそのバージョンのツールがダウンロードできます。そのため、ダウンロードリンクも記載しておきます。

メディア作成ツール Windows 10 1809(October 2018 Update)
MediaCreationTool1809.exe
https://software-download.microsoft.com/download/pr/MediaCreationTool1809.exe
(2018年10月8日時点でのURLです)

ついでに、Windows 10 1803 (April 2018 Update)用のダイレクトダウンドリンクも記載します。

メディア作成ツール Windows 10 1803(April 2018 Update)
MediaCreationTool1803.exe
https://software-download.microsoft.com/download/pr/MediaCreationTool1803.exe
(2018年10月8日時点でのURLです)

もし、「Windows 10のダウンロード」ページから希望するバージョンのツールが取得できないときは、上記のダイレクトリンクを使ってください。ただし、このリンクは将来無効になる(リンク切れになる)可能性もあります。その時は、ダイレクトリンクによるツールのダウンロードはあきらめてください。

Windows Updateによるアップグレード

実際にWindows Update経由でアップグレードを行いました。「設定」を開き、「更新とセキュリティ」の中のWindows Update項目を選択します。そして、「更新プログラムをチェック」をクリックすると、以下のようにWindows Update 1809 (October 2018 Update)が見つかります。

Windows 10 1809 初期化中

まずは、ダウンロードの準備が始まります。その後、以下のようにダウンロードが開始します。

Windows 10 1809 ダウンロード

あとは、待っていれば、ダウンロードが完了した後、アップグレードが開始します。そして、再起動待ちになるので、再起動すると、アップグレードの最終処理が実行されます。すべてのアップグレード処理が終わると、ログオン画面が表示されます。自動ログオン設定になっている場合は、デスクトップ画面の表示まで行きます。これでアップグレード完了です。

複数のPCデバイスをアップグレード

私は、Windowsを開発・検証用途に利用しているため、複数のデバイス、複数の仮想環境のWindows PCがあります。数が多いため、すべてのWindows PCのアップグレードは完了していません。

現時点でアップグレードが無事完了したものを列挙します。基本的に最新のCPUのデバイスは持っていません。

  • 自作PC Core-i5-6500 (第6世代, Skylake)
  • 仮想環境 (Hyper-V)
  • DELL Precision T1700 Xeon(R) CPU E3-1240 v3 (Haswell)
  • DELL Precision T1700 Core i7-4xxx (第4世代, Haswell)
  • Microsoft Surface Pro Core i5-3317U (第3世代, Ivy Bridge)

アップグレード後は、どれも問題なく稼働しております。引き続き残りのデバイスもアップグレードしていきます。何か問題が起きたら、解決方法などを投稿したいと思います。

ところが、Windows Update経由のアップグレードがある時点からできなくなりました。Windows Updateの更新の一覧に、Windows 10 1809が現れなくなりました。

Windows 10 1809 (October 2018 Update)の提供が停止された

この投稿を執筆している最中に、Windows 10 1809の提供が停止されてしまいました。

問題は二つあり、2段階で提供が停止されました。一つ目の問題のときは、一部のデバイスでのみ提供が中止され、二つ目の問題ではすべてのデバイスで提供が中止されました。

そのため、現時点(2018年10月8日)で「Windows 10のダウンロード」ページも、Windows 10 1803 (April 2018 Update)に逆戻りしています。

ただし、提供を中断しているの現在(2018年10月8日時点)であっても、前述した「メディア作成ツール Windows 10 1809(October 2018 Update)」で作成済みのメディアを使えば、Windows 10 1809にアップグレードできます。

提供が中止された一つ目の問題

この問題は、米国時間10月3日(日本時間10月4日)に発表(英語)されました。Windows 10 1809にアップグレードを行なうと、一部のIntel CPUのデバイスでプロセッサの電力消費量でが増加し、バッテリーの持ちが短くなる問題が見つかったようです。そのため、対象のデバイスに対して提供が中止されました。

対象となるのはIntel第6世代(Skylake)以降のCPUを搭載し、インテル ディスプレイ オーディオ ドライバー(intcdaud.sys)のバージョンが10.25.0.3から10.25.0.8までを使用しているPCデバイスです。

マイクロソフトとインテルから対処方法が発表されています。

基本的に、Windows 10のアップグレード前に、インテル ディスプレイ オーディオ ドライバーを最新にすればよいようです。

提供が中止された二つ目の問題

この問題は、米国時間10月6日(日本時間10月7日)に発表(英語)されました。

We have paused the rollout of the Windows 10 October 2018 Update (version 1809)* for all users as we investigate isolated reports of users missing some files after updating.

と記載がありました。アップグレード後にいくつかのファイルが消失するというユーザーからの報告があり、調査しているので、すべてのユーザーに対して提供を中断したとのことです。


問題の調査が完了して、問題が修正でされるまで、Windows Update経由やWindows 10 のダウンロードサイトから、Windows 10 1809の提供は再開されないようです。

One Reply to “Windows 10 1809 (2018年10月の更新)がリリースされた”

コメントを残す