デスクトップアプリの高DPI対応 #3 – WPFアプリ

前回の投稿でデスクトップアプリ側の高DPI対応状況の宣言について説明しました。今回はアプリ側の描画の部分の高DPI対応について考えます。デスクトップアプリの中でも.NET Frameworkを使って作成されたUIアプリについて考えます。

“デスクトップアプリの高DPI対応 #3 – WPFアプリ” の続きを読む

デスクトップアプリのインストーラーで.NET Frameworkの条件を設定する1

WPFアプリ(.NET Frameworkアプリ)を作成するときは、使用する.NET Frameworkのバージョンを指定します。そのアプリのインストーラーでアプリをインストールしたときは、アプリは必ず起動できるようにしたいです。そのためには、必要とするバージョンの.NET Frameworkがインストールされていることをインストール時に保証する必要があります。 “デスクトップアプリのインストーラーで.NET Frameworkの条件を設定する1” の続きを読む

デスクトップアプリのインストーラーの作成ツール

WPFアプリ(.NET Frameworkアプリ)などのデスクトップアプリを作成したら、アプリを公開するためにはインストーラーを作成する必要が出てきます。インストーラーを作成するときにはどのような技術を使えるのでしょうか? “デスクトップアプリのインストーラーの作成ツール” の続きを読む

WPFアプリ(.NET frameworkアプリ)でhttps(TLS1.1/TLS1.2)通信をする

WPFアプリでhttp/httpsの通信をしてデータを取得するには、通常はSystem.Net名前空間のクラスを使います。http通信(非暗号通信)は普通に通信できます。しかし、https通信(暗号通信)は使用するプロトコルや.NET frameworkのバージョンによっては、そのままでは通信に失敗します。.NET frameworkアプリにおけるhttps通信に関する実装についての投稿です。 “WPFアプリ(.NET frameworkアプリ)でhttps(TLS1.1/TLS1.2)通信をする” の続きを読む