Windows 11 22H2のインストールでローカルアカウントを作成する

Windows 11 22H2からProエディションでもWindowsのインストール時のアカウント作成でMicrosoftアカウントが必須となりました。

Windowsインストール時のアカウント作成

Windows 10やWindows 11のHomeエディションでは、Windowsのインストール時のアカウント作成でMicrosoftアカウントが必須です。OSの仕様として、Microsoftアカウントを必須としているからです。しかし、Proエディションでは、ローカルアカウントも作成できました。

Windows 11のProエディション

しかし、2022年9月に提供が開始されたWindows 11 22H2からProエディションでも、Windowsのインストール時のアカウント作成でMicrosoftアカウントが必須となりました。

Windows 11 21H2のProエディションで、Windowsのインストール時のアカウント作成でローカルアカウントを作成する方法は前回の投稿で紹介しました。

今回の投稿では、Windows 11 22H2のProエディションで、Windowsのインストール時のアカウント作成でローカルアカウントを作成する方法を紹介します。

Windows 11のHomeエディション

なお、Windows 11 22H2のHomeエディションの場合は、OSの仕様として、Microsoftアカウント専用です。

しかし、今回の投稿で紹介しているProエディションで「Windows 11 22H2でローカルアカウントを作成する方法」を使うと、Windows 11 22H2のHomeエディションでもローカルアカウントを作成することができます。ただし、ローカルアカウントが作成できたとしても、OS仕様の想定外の使い方であるため、検証用途にとどめ、常用するのは避けましょう。

ローカルアカウントの必要性

普段使うPCとして、PCにWindowsをインストールしたときは、サインイン用にMicrosoftアカウントを使うことは、設定やファイルが共有できるなど、便利なことが多いため、メリットが多いです。

しかし、ソフトウェア開発をしていると、ソフトウェア開発における動作確認のためにWindows 11をクリーンインストールすることも多くあります。このような一時的なWindows 11の検証環境を作成するために、毎回Microsoftアカウントを関連付けることはしたくありません。

そのため、一時的なインストールの場合には、ローカルアカウントを利用したくなります。

Windows 11 22H2のインストール時のアカウント作成

ローカルアカウントでのインストールができなくなりました。インストールの過程でのアカウント作成時には必ずネットワーク接続が必要です。ネットワーク接続が有効でない場合、アカウントを作成することも、サインインすることもできません。

ネットワークに接続しない状態で、Windows 11 22H2をインストールしたときの初回起動時の手順を確認します。

初回起動時(OOBE)の手順

Windows 11 22H2をインストール後の初回起動直後の画面は、「国または地域」の選択画面です。

国または地域の選択

「国または地域」の選択の次は、キーボードレイアウトの選択です。二つ目のキーボードレイアウトを追加することもできます。

キーボードレイアウトの選択
二つ目のキーボードレイアウトの追加

キーボードレイアウトの選択が終わると、ネットワークに接続する画面になります。この画面はネットワークに未接続の場合のみに表示されます。

ネットワークの接続(未接続)
ネットワークの接続(接続済み)

上記左側の画面「ネットワークの接続(未接続)」を見てわかるように、ネットワークにに接続の状態では、「次へ」ボタンは無効化されており、次の画面へ進むことはできません。

右側の画面が、ネットワークに接続した状態です。ネットワークに接続すると、「次へ」ボタンが有効になります。

このように、Windows 11 22H2では、インストール後の初回起動時には、ネットワーク接続が必須となります。

ネットワークに接続したあと、「次へ」ボタンをクリックすると、アップデートの確認画面となります。

アップデートの確認
デバイスに名前を付ける

アップデートの確認が終わると、デバイスに名前を付ける画面になります。

デバイスに名前を付けて「次へ」ボタンをクリックすると、PCが再起動してから次の画面へ進みます。

この時点ではデバイスに名前を設定しない場合は「今はスキップ」のリンクをクリックすると、次の画面に進みます。

「アカウントの種類の選択」画面が表示され、「個人用に設定」(Microsoftアカウントを利用する)と「職場または学校用に設定する」(ADアカウントを利用する)の選択表示されます。ここでも、アカウントの種類として、「ローカルアカウント」は選択できません。

アカウントの種類の選択
アカウントの種類の選択でMicrosoftアカウントの選択

二つの選択肢のいずれかを選択すると、「次へ」ボタンが有効化されて、次の画面へ進めることが可能となります。

「Microsoftアカウントでサインイン」の画面になります。この画面では、すでに作成済みのMicrosoftソフトアカウントのIDを入力するか、Microsoftアカウントを新規作成することができます。

Microsoftアカウントを新規作成するときは、「作成」のリンクをクリックします。

Microsoftアカウントでサインイン (アカウント名の入力)
Microsoftアカウントのサインインオプション

「サインイン オプション」のリンクをクリックすると、上記右側の画面になります。この画面内でも、ローカルアカウントを作成する手段は提供されていません。

MicrosoftアカウントのIDを入力して「次へ」ボタンをクリックすると、パスワードの入力画面に遷移します。

Microsoftアカウントでサインイン(パスワードの入力)

この画面でも、「ローカルアカウント」を作成する手段は提供されていません。

このように、Windows 11 22H2のインストール後の初回起動時で、通常の手段では、ローカルアカウントを作成することができません。

Windows 11 22H2のインストール時にローカルアカウントを作成できるのか?

通常の手順では、Windows 11 22H2のインストール時にローカルアカウントを作成することはできませんでした。

では、インストール時にローカルアカウントを作成する方法はあるのでしょうか?

調べた結果、二つの方法を見つけることができました。その手順を紹介します。

Windows 11 22H2のインストール時にローカルアカウントを作成する方法1

Windows 11 22H2のインストール時にローカルアカウントを作成する方法として、一つ目はMicrosoftアカウントでのサインイン時にわざとエラーを発生させる方法です。サインインでエラーが発生すると、その後、ローカルアカウントを作成できます。

インストール後の初回起動で、Microsoftアカウントでのサインインまで進めます。

Microsoftアカウントでサインイン (アカウント名の入力)
Microsoftアカウントでサインイン(パスワードの入力)

このMicrosoftアカウントのサインイン画面で、サインインエラーを発生させます。本来のMicrosoftアカウントでエラーを発生させると、Microsoftアカウントがロックされる可能性があるので、存在しないMicrosoftアカウントでエラーを発生させます。

2022年10月1日時点では、アカウント名を「a」、パスワードを「a」でエラーを発生させることができました。エラーが発生すると以下の画面になります。

Microsoftアカウントのサインインでエラーが発生

画面には「問題が発生した」と表示されています。「a」というアカウントは存在しないと思うのですが、一時的にロックされたようです。

この画面で、「次へ」ボタンをクリックすると、ローカルアカウントを作成する画面へ遷移します。

ローカルアカウントを作成(アカウント名の入力)
ローカルアカウントを作成(パスワードの入力)

この画面で、ローカルアカウントのアカウント名とパスワードを入力すると、ローカルアカウントが作成できます。

Windows 11 22H2のインストール時にローカルアカウントを作成する方法2

Windows 11 22H2のインストール時にローカルアカウントを作成する方法として、二つ目はレジストリを書き換えて、ローカルアカウントの作成を有効化する方法です。

レジストリを書き換えて、再起動すると、その後の画面では、ローカルアカウントを作成するリンクが表示され、それをクリックすると、ローカルアカウントを作成できます。

具体的には以下の手順で行います。

レジストリを書き換えて再起動

レジストリを書き換えるためには、コマンドプロンプトを使用します。コマンドプロンプトを起動するためには、インストール後の初回起動の「国または地域の選択」画面などで、「Shift + F10」を押します。キーボードで、Shiftキーを押しながら、F10キーを押せばよいです。

国または地域の選択
「Shift+F10」でコマンドプロンプトを起動

すると、上記の右側の画面のようにコマンドプロンプトが起動します。

コマンドプロンプトが起動したら、下記のコマンドを入力してレジストリを書き換えます。

reg add HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\OOBE /v BypassNRO /t REG_DWORD /d 1 /f

その後、PCを再起動するために下記のコマンドを入力します。

shutdown /r /t 0
レジストリの書き換えとPCの再起動

再起動後の設定画面

再起動すると、もう一度、「国または地域の選択」画面になります。もし、PCがネットワークに接続している場合は、「次へ」ボタンをクリックする前に、PCをネットワークから切断してください。

国または地域の選択

ネットワークを切断した状態で、「次へ」ボタンをクリックすると、「ネットワークに接続する」画面に遷移します。PCがネットワークに接続したままだと、以下の画面はスキップされてしまうので、「次へ」ボタンをクリックする前に、必ずネットワークから切り離します。

ネットワークの接続(未接続)

この画面では、「次へ」ボタンの左側にある「インターネットに接続してません」のリンクをクリックします。すると、以下の画面に遷移します。

ネットワークの接続(「インターネットに接続していない」を選択後)

ネットワークに接続を促す画面になりますが、「次へ」ボタンの左側にある「制限された設定で続行」のリンクをクリックします。すると、以下の画面に遷移します。

ローカルアカウントを作成(アカウント名の入力)

この画面は、ローカルアカウントの作成画面なので、このまま進めれば、ローカルアカウントの作成が可能です。


以上、今回の投稿では、Windows 11 Pro 22H2で、インストール後の初回起動で、ローカルアカウントを作成する方法の説明でした。

コメントを残す