Windows 10 20H2(2009)が完成した

この3年くらいは、 Windows 10は、年2回リリースされ、バージョン番号はYY03かYY09で(YYには西暦の下二桁の数字)です。バージョン番号の月の下旬から翌月の初旬に完成します。

2020年の一回目のバージョン(20H1)は、この規則から外れて2004となりました。さらに、2020年の二つ目のバージョンは、20H2となり、YYMMの規則から完全に離れました。このWindows 10 20H2 は当初19042.508が最終版の候補となりました。

最終版の候補になったことはWindows Insider Programの2020年9月18日付のブログ(英語)に記載されています。このバージョンにつけられた名前はOctober 2020 Updateとなります。

その後、一つの問題を解決した19041.541が最終版の一つ目の更新となりました。

Windows 10 20H2 は完成したものの、Windows Insiderではない一般ユーザーにはまだ公開はされていません。

サブスクライバーダウンロードのisoファイル

Visual Studio サブスクライバーとは、マイクロソフトとVisual Studioのサブスクライブ契約したユーザーのことです。以前はMSDNサブスクライバーと呼ばれていました。Windows向けの開発者の多くは契約することが多いと思います。

Visual Studio サブスクライバーであれば、Visual Studioだけでなく、開発用・検証用にWindowsのisoファイルがダウンロードできます。

Visual Studio サブスクライバー ダウンロードサイトには、2020年10月20日(US時間、日本時間では10月21日)にWindows 10 20H2のisoファイルがダウンロードできるようになりました。このダウンロードサイトには、ここ4年くらいはWindows 10のPreview版のisoファイルが置かれたことはありません。置かれるisoファイルは正式リリース版のWindows 10のみです。このサイトにWindows 10 20H2のisoファイルが置かれたということは、完成したことに間違いないようです。

ダウンロードできるisoファイル名は、日本語版(x64/x86)・英語版(x64/x86)は以下の通りでした。

  • ja_windows_10_consumer_editions_version_20h2_x64_dvd_338f01ba.iso
  • ja_windows_10_consumer_editions_version_20h2_x86_dvd_56b219c2.iso
  • en_windows_10_consumer_editions_version_20h2_x64_dvd_ab0e3e0a.iso
  • en_windows_10_consumer_editions_version_20h2_x86_dvd_ea9a9e3f.iso

同じisoイメージで、Home/Professional/Workstationのエディションがインストールできます。

実際、このサイトからisoファイルをダウンロードして、オフラインでWindows 10 20H2 Proをクリーンインストールしたら、ビルド番号は19042.508でした。そのため、Windows 10 20H2の最終リリースビルドは19042.508で間違いありません。

なお、前回のバージョン2004 (2020年の1回目のバージョン)から、エクスペリエンスという番号も追加されました。2004のエクスペリエンスは、Windows Feature Experience Pack 120.2202.130.0 でした。今回のバージョン20H2のエクスペリエンスは、Windows Feature Experience Pack 120.2212.31.0 です。少しだけ番号が増えています。

Windows 10 20H2 のビルド番号とエクスペリエンス番号

Windows 10 20H2のリリース

Insider PreviewビルドであるWindows 10 20H2を振り返ってみたいと思います。

今年のWindows 10 20H2に関する今までのWindows Insiderビルドのリリースをまとめてみました。ビルド番号、公開日(Dev channel / Beta channel / Release Preview channel)、変更・改善点・修正、既知の問題の順です。

channelの違いについては、以前の投稿を参照してください。ただし、この投稿のときは、channelではなく、ringと呼ばれていました。Dev channel→Fast ring、Beta channel→Slow ring、Release preview channel→Release preview ringと読み替えてもらえば、ほとんど同じです。ringからchannelへの変更ついては、2020年6月15日のWindows Insiderブログ(英語)に記載があります。

ビルド番号公開日
(Dev channel)
公開日
(Beta channel)
公開日
(Release preview channel)
一般的な変更、
改善点、修正
(General changes,
improvements,
and fixes)
既知の問題
(Known issue)
19041.2642020/05/122020/05/125 (KB4556803)2
19041.3292020/06/098 (KB4557957)
19042.3302020/06/16
19042.3882020/07/146 (KB4565503)
19042.4212020/07/2440 (KB4568831)
19042.4232020/07/312 (KB4568831改)
19042.4502020/08/112 (KB4566782)
19042.4872020/08/2672 (KB4571744)
19042.5082020/09/082020/09/183 (KB4571756)1
19042.5412020/09/222020/09/2247 (KB4577063)
19042.5462020/09/302020/09/302 (KB4577063改)
19042.5722020/10/132020/10/134 (KB4579311)

この表から分かるように、Windows 10 20H2向けには、Dev channelが利用されていません。Dev channelは、20H2よりも先のバージョンであるWindows 10 21H1向けに利用されています。

20H2が各channel(旧ring)に配信され始めた時期をまとめると以下のようになります。

  • 2020年6月16日 Beta channel 19042.330
  • 2020年9月18日 Release Preview channel 19042.508
  • 2020年10月20日 Visual Studio サブスクライバーでisoファイルがダウンロード可能 19042.508

20H2は、ちょっとした機能改善にとどめられており、3ヶ月くらいのリリースで完成に至りました。


今回は、完成したばかりのWindows 10 20H2のプレビュービルドについて紹介しました。このWindows 10 20H2は、まずは、プリインストールPC向けに利用されます。

既存のWindows 10 2004/1909/1903/1809ユーザー向けにWindows Update経由で更新されるのはもう少し先になります。過去からの経験による推測では10月下旬ころからWindows Update経由で配信されることになると思います。まずは、対象を絞った一部のユーザーから順次Windows 10 20H2に上がっていくものと思われます。すべてのユーザーにWindows 10 20H2が配信されるのは、半年くらいかかるのでしょうか。


以上、完成したばかりのWindows 10 20H2のプレビュービルドの紹介でした。

コメントを残す