PCアプリの利用状況・例外発生状況を遠隔計測する #4 ライブラリー 2.2.0の公開

内部で使用していたApplication Insights向けのライブラリーを一般公開しましたが、今回、そのライブラリーを更新したので、その紹介をしたいと思います。

今回の2.2.0のリリースでは、主にLinuxアプリ向けの改善です。

nsTelemetry 2.2.0リリース

前回のバージョンから現在までの機能拡張を反映した、nsTelemetry 2.2.0をnutgetでリリースしました。nugetでは、ここから取得できます。

今回のリリースも、プレリリース版ではなく、正式版です。(バージョンにalphaをつけていません)。

前回同様、nsTelemetryのドキュメントは以下のリンクとなります。

nsTelemetry 2.2.0の新機能・変更点

このバージョンでは機能の改善と追加をしました。

大きな変更

  • なし

新機能

  • nugetパッケージをITelemetryインターフェース定義とApplicationInsightsの実装の二つのパッケージに分割

バグ修正

  • なし

大きな変更

2.2.0では、既存のアプリの実装に影響があるような大きな変更はありません。

新機能

nugetパッケージをITelemetryインターフェース定義とApplicationInsightsの実装の二つのパッケージに分割

2.1.1までは、ITelemetryインターフェースの定義の実装とApplicationInsightsに関する実装が一つのnugetパッケージ(NishySoftware.Telemetry.ApplicationInsights)で実現されていました。

2.2.0では、ITelemetryインターフェースの定義の実装とApplicationInsightsに関する実装を別のnugetパッケージで実現します。

二つのパッケージは

  • NishySoftware.Telemetry
    nsTelemetry コアライブラリ。ITelemetryインターフェースの定義
  • NishySoftware.Telemetry.ApplicationInsights
    nsTelemetry ApplicationInsights ライブラリ。ApplicationInsightsに関する実装

です。

NishySoftware.Telemetry

NishySoftware.Telemetry パッケージは、ITelemetryインターフェースの定義に関する実装のみが含まれます。このパッケージは、他のパッケージを参照していません。テレメトリーの発行をするが、インターフェースのインスタンスを作成しないモジュール(インスタンスは他のモジュールから提供してもらうモジュール)で利用できます。

このパッケージで定義しているインターフェース等の名前空間は、NishySoftware.Telemetryとなります。

NishySoftware.Telemetry.ApplicationInsights

NishySoftware.Telemetry.ApplicationInsights パッケージは、ApplicationInsightsに関するすべての実装と設定ファイルのひな型を含むパッケージです。ITelemetryインターフェースを利用、および、インスタンスの作成するモジュールで利用できます。

NishySoftware.Telemetry.ApplicationInsights パッケージは、NishySoftware.Telemetryパッケージを参照しているので、NishySoftware.Telemetry.ApplicationInsights の 2.1.1 までを利用していたアプリは、パッケージのバージョンを上げても実装変更は必要ありません。

このパッケージで定義している公開メソッド等の名前空間は、NishySoftware.Telemetry.ApplicationInsights となります。

パッケージの分割の効果

複数のモジュールで構成されているアプリの場合に、パッケージの分割の効果があります。複数のモジュールで構成されているアプリにおいては、ITelemetryインターフェースを使ってテレメトリーを発行するモジュールは複数になります。しかし、ITelemetryインターフェースのインスタンスを作成する、または、設定ファイルのひな型が必要なモジュールは数が限られます。

前者のモジュールでは、NishySoftware.Telemetryを参照するだけでよく、余分なモジュールが参照されることはありません。

後者のモジュールでは、今まで通り、フルセットのNishySoftware.Telemetry.ApplicationInsights を参照すれば、必要なモジュールと設定ファイルのひな型が利用できます。

バグ修正

今回のバージョンでは、バグが登録されていないため、バグ修正はありません。


以上、nsTelemetry 2.2.0のリリースの紹介でした。

コメントを残す