Microsoft Build 2024 in Seattle #2

米Micosoftが主催する開発者カンファレンスが毎年米国で開催されます。Microsoft Buildです。2022年までは新型コロナで対人開催は中止されていましたが、2023年からは対人の開催も開始され、2024年も2023年と同じ場所の米国ワシントン州のシアトルで開催されました。会場の雰囲気などを報告したいと思います。なお、この投稿では基調講演やブレイクアウトセッションの内容にはほぼ触れていません。

この投稿では、Microsoft Buildの雰囲気を伝える内容に特化しています。基調講演やセッションの内容については、いろいろな方がWEBで発信しているので、WEB検索するなどして、別のサイトを参照してください。

日程

さて、今年のMicrosoft Build 2024は、以下の日程で開催されました。

Day 0
5月20日(月)
Badge and T-shirt pick-up
参加証とTシャツの取得
Day 1
5月21日(火)
Badge and T-shirt pick-up, Imagine Cup, Keynote, Breakout sessions, On-demand Labs & Assessments, The Hub, Certification, Microsoft Build and MongoDB Mixer
参加証とTシャツの取得、イマジンカップ、 基調講演、ブレイクアウト セッション、オンデマンドラボと評価、ハブ、Microsoft認定資格、Microsoft Build and MongoDB 懇親会
Day 2
5月22日(水)
Badge and T-shirt pick-up, Keynote, Breakout sessions, On-demand Labs & Assessments, The Hub, Certification
参加証とTシャツの取得、基調講演、ブレイクアウト セッション、オンデマンドラボと評価、ハブ、Microsoft認定資格
Day 3
5月23日(木)
Badge and T-shirt pick-up, Breakout sessions, On-demand Labs & Assessments, The Hub, Certification, Microsoft Build and AMD Celebration
参加証とTシャツの取得、ブレイクアウト セッション、オンデマンドと評価、Microsoft認定資格、Microsoft Build and AMD パーティー

基調講演では、これからの方向性や新しい製品・新しい技術などが紹介されます。

ブレイクアウト セッションでは、基調講演で新しく発表されたものも含め、掘り下げた内容や技術情報など詳しい内容の説明があります。

オンデマンドラボと評価では、実際にPC上で作業して技術の習得をします。

また、期間を通して、Level 4で「The Hub」が開催されており、Sponsors, Exhibitors, Microsoftがブースを構えていろいろな技術説明・展示をしていました。

今回は、Day 0 の番外編とDay 1の基調講演の大ホールに向かうまで記載です。

Day 0 (5月20日(月)) 番外編

Day 0で参加証を受け取った後、WSCC のSummitビルディングを散策しました。

まずは、Level 1のホールです。参加証の受付の反対側となります。ここには自由に利用できるラウンジがあります。何人かが椅子に座ってPCを開き作業していました。去年はここに音楽機材があり、DJが音楽を流していました。今年はDay 0の終りの時間に近かったためか、そのような演出はありませんでした。

ラウンジの左隣には、レストラン&バー bambo がありました。去年、この場所はまだ準備中でレストランは入っていませんでした。今年は営業を開始しており、客もちらほらいました。

上の写真の左奥の部分の出入り口から外に出ると、下記の写真のようにSummitビルディングのメイン エントランスです。

WSCC のSummitビルディングのメインエントランスには「B・u・i・l・d」のロゴがガラス面に貼られています。

メイン エントランスの左側はレストラン&バー bambo のSummitビルディングの外部から直接入ることのできる入り口がありました。WSCC がイベントで使われていない時もレストランが営業できるようになっているようです。

その右側は、Summitビルディングは上り坂の道路沿いに建っているのですが、道沿いは店舗が入れるようになっています。去年の段階では、どの店舗もまだ空き家だったのですが、今年は、すべての店舗が営業していました。

WSCC Summitビルディングの外観としては最後です。坂の上から見上げるように撮影した写真と1ブロック隣から撮影したSummitビルディングの全体像です。

Day 1 (5月21日(火))

TimeDescriptionLocation
7:00 AM – 6:30 PMBadge pick-up: Arrive early and pick up your badge, grab a cup of coffee before the keynote.Level 1
9:00 AM – 11:27 AMMicrosoft Build opening keynote: Join Satya Nadella, Rajesh Jha, and Kevin Scott to learn how this era of AI will unlock new opportunities, transform how developers work and drive business productivity across industries.Level 2
Flex Hall C1
11:00 AM – 5:30 PMCertification: Take advantage of the Microsoft Certification exams onsite. All in-person attendees have the opportunity to take one exam free of charge. Review the terms and conditions: https://aka.ms/OnsiteCertTestingInstructions.Level 3
Room 329
11:00 AM – 6:30 PMT-shirt pick-up: Get your official Microsoft Build shirt, custom made with Intel today!Level 1
11:00 AM – 6:30 PMThe Hub: Bring your technical questions to the Hub. Meet with Microsoft engineers, tech specialists, community & partner experts.Level 5
11:30 AM – 5:30 PMOn-demand Labs & Assessments: Explore on-demand labs, take a practice assessment, earn an Applied Skills credential, or connect with a member of the Microsoft Learn team.Level 3
Room 320
11:30 AM – 5:30 PMBreakout sessions: Join a breakout session streamed
live from Seattle.
Levels 0, 2, 4 and 5
12:15 PM – 2:15 PMLunch pick-up: Grab your lunch, find a place to refuel, and connect with others.Level 5, Signature Lobby Level 4, Paramount Lounge Level 3, Garden Lounge
5:30 PM – 6:30 PMMicrosoft Build and MongoDB Mixer: Mix it up with experts and colleagues over small bites and drinks.Level 5

Day 1の朝

Day 1の朝に、宿泊施設から外に出たところ、あいにくの雨でした。一つ目の写真は宿泊施設の前から撮影したものですが、道の先に写っているのがWSCCのSummitビルディングです。一ブロック先の近さなので、傘は使わず会場に向かいました。

WSCC のエントランスの前では、傘をさしている人も多数いました。

Day 1のBadge pick up

Day 1は、8時10分頃にSummitビルディングに入りしました。私はDay 0に参加証を受け取り済みなので、参加証の受け取りはスキップできました。当日は写真のように参加証の受け取りには長い列ができていました。前日にもらいに来ていない人も多くいるようです。

Day 1のT-shirt pick up

Day 1の基調講演前は、T-shirt pick upにはスタッフがいませんでした。基調講演が終わった11時30分から再開のようです。

作成済みのTシャツを保管している棚には、Day 0の昨日に注文して、その場で完成を待たず、受け取らなかったTシャツが、いくつか保管されていました。

名前のアルファベット順に整理されているのですが、アルファベットにより偏りがありますね。数が多いだろうと棚一つを割り当てているD、E、Rに一つもなかったりします。

Keynoteの会場の開場待ち

さて、例年通り、大ホール(Level 2 Flex Hall)に向かい、基調講演の開場待ちの列に並びます。


今回の投稿では、Day 1の基調講演のホールに向かうまでです。Day 1の基調講演以降のシアトルの実会場の雰囲気は次回の投稿にしたいと思います。

なお、基調講演の内容やセッションの内容には触れませんでした。それらの情報は、いろいろな方が発信していると思うのでそちらを参照していただくか、マイクロソフトが公式に公開している資料や映像(英語)を参照してください。

コメントを残す