LattePanda Alpha 864sの基板とチタンケース

LattePanda Alpha 864sが7月31日に到着しました。 開梱は前回に報告しました。今回は、基板と専用ケースの詳細の紹介です。

基板

基板は、透明の梱包用プラケースをから出します。

基板上面

透明の梱包用プラケースを外した上面です。

LattePanda Alphaの基板1(表面)

左右の端には、通常のパソコンで使われる端子群が配置されています。左側はUSB 3.0端子が3つ、右側には、HDMI端子、LAN端子、3.5mmオーディオ端子、USB Type-C端子です。

下側は、左から、電源LED, D13 LED、ヘッダピンのレセプタクル(主にPC用の端子)、電源入力コネクターです。D13 LEDは、ArduinoのD13端子につながれており、ArduinoからLEDを光らせることができます。

LattePanda Alphaへの電源の供給は、以下の方法があります。

  • ヘッダピンのレセプタクル( 基板手前のレセプタクルの一番右側の4ピン)
  • 電源コネクター(基板手前の右端にある4ピンのソケット)
  • USB Type-C端子(基板右側端の一番下の端子)

です。

USB PD(パワーデリバリー)のACアダプターがあるならUSB Type-C端子から電源供給するのが容易です。付属していたACアダプターがUSB PD 45Wに対応したものです。

USB Type-C以外の端子から電源を供給するときは、12Vの電圧で供給します。標準は12Vとなっていますが、実際には、10Vから15Vの範囲で供給すればよいようです。ただし、36W相当が必要なので、12Vの場合で3Aぐらい供給できる電源をつなぐ必要があります。

LattePanda Alphaの基板2(表面)

基板を180度回転した撮影したものです。下側一番左側の小さなボタンは電源ボタンとなります。その右隣にはFAN用の電源があり、FANにつながっています。こちらのヘッダピンのレセプタクルは、主にArduino用の端子となります。下側の一番右端には、Arduino用のリセットボタンがあります。

FANには、文字が印刷されています。

  • MODEL: Alpha
  • CPU: M3-7Y30 RAM: 8GB
  • Designed in China

となっています。

CPUが第8世代のM3-8100yではなく、第7世代のM3-7Y30と印刷されています。BIOSを起動してCPUを確認すると、実際には第8世代のM3-8100yが使われていました。FANは、古いCPU名を印刷済みの在庫品が使われているようです。

基板裏面

LattePanda Alphaの基板3(裏面)

基板の裏面です。M.2の端子は二つ付いています。ケーブル(FPC: フレキシブルプリント基板)をつなぐコネクタが、上側に二つ(タッチパネル、ディプレイ(eDP))あります。

右下側には、WiFi 802.11ac/Bluetoothのモジュールがあり、アンテナ端子が二つあります。

下側中央には、白色の10Pコネクターがあります。これは、LiPoバッテリーをつなぐことができるコネクターです。同梱のユーザーマニュアルには情報がありませんでした。詳細はWEBサイトのみのようです。

LAN端子は、基板に切り込みをいれて、基板の下側まではみ出して使うことで、基板全体の厚さを薄くなるようにしています。

上側のM.2端子

M-Keyで、NVMe/SATA/PCIe x4が使えます。固定用ねじの位置は、Type 2280用のみです。

下側のM.2端子

E-Keyで、PCIe x2/USB 2.0/UART/PCMが使えます。固定用ねじの位置は、Type 2280用がとType 2242用があります。

基板の側面(長手側)

次は、基板の側面を確認します。

基板の長手側の側面は、両側ともヘッダピンのレセプタクルが大部分を占めています。片側は大部分がArduinoの端子で、もう片側はPC端子となります。

LattePanda Alphaの基板4(側面: Arduino端子面)
LattePanda Alphaの基板5(側面: PC端子面)

Arduino端子面側

Arduino端子面側は、左から、電源ボタン、FANコネクター、ヘッダピンのレセプタクル(Arduino端子、ICSP端子、BIOS端子、電源端子)、RTC用電池(CR927)、Arduinoリセットボタンとなります。こちらの電源端子は、3.3V/5V電源をLattePandaから外部に取り出すことができます。

PC端子面側

PC端子面側は、左から、電源LED、D13 LED、電源スイッチコネクター、ヘッダピンのレセプタクル(PM/I2S/I2C/RS2332/USB/DC in(電源入力))、電源入力端子となります。こちらの電源端子は、12Vの電源(実際には10V-15Vが可能)をLattePandaに入力するためのものです。

基板の側面(短手側)

基板の短手側の側面は、PC用の標準的な端子が大部分を占めています。

片側は大部分がArduinoの端子で、もう片側はPC端子となります。

LattePanda Alphaの基板6(側面: LAN/HDMI端子面)
LattePanda Alphaの基板7(側面: USB端子面)

LAN/HDMI端子側

こちら側は、左から、USB Type-C、オーディオ端子(3.5mm)、LAN端子、HDMI端子です。標準的な端子のみで、特に変わったところはありません。

USB端子側

こちら側は、USB 3.0の端子が3つあるだけです。標準的な端子です。

マニュアル

マニュアルも添付されていました。簡単なマニュアルで、すべて英語です。

内容的には、

  • 同梱物一覧
  • 仕様
  • 使用上の注意
  • 起動方法
  • FAQ
  • カスタマーサービスについて
  • 基板レイアウト(表)
  • 基板レイアウト(裏)

となっています。このマニュアルは、LattePanda AlphaとLattePanda Deltaの兼用になっているので、記載事項が混ざっているので注意が必要です。

また、CPUの変更が決まる前(Alpha Sシリーズの前)に作成したマニュアルのようで、仕様のところに書かれているCPUは、第7世代のm-7y30となっています。

LattePanda Alphaのマニュアル1
LattePanda Alphaのマニュアル2
LattePanda Alphaのマニュアル3
LattePanda Alphaのマニュアル4
LattePanda Alphaのマニュアル5
LattePanda Alphaのマニュアル6
LattePanda Alphaのマニュアル7

Titan Case (チタンケース)

今回は、専用のTitan Case (チタンケース)も購入しました。このケースの詳細も確認します。

上面・裏面

まずは、閉じた状態での、上面、裏面です。

LattePanda Alphaのチタンケース1(上面)
LattePanda Alphaのチタンケース2(裏面)

上面は、純正FANの空気の流れを妨げないように、換気用の穴があります。純正のFANを使っている限りにおいては、空気の流れを気にする必要がありません。

裏面は、ねじ穴が二つあり、LattePanda Alphaの固定用に使用することができます。

側面(短手側)

短手側の側面です。両側ともPCの端子が使えるような形で穴が開いています。また、上面側、裏面側の境目には、換気用のスリットも用意されています。

LattePanda Alphaのチタンケース3(側面: USB端子面)
LattePanda Alphaのチタンケース4(側面: LAN/HDMI端子面)

側面(長手側)

長手側の側面です。電源ボタンはケースを外さなくても押せるようにボタンとなっています。タッチパネルやディスプレイ(eDP)用のケーブル(FPC: フレキシブルプリント基板)を外に出す穴もあります。また、microSDも外部からアクセスできるようになっています。

LattePanda Alphaのチタンケース5(側面: 電源ボタン面)
LattePanda Alphaのチタンケース6(側面: microSD面)

これらの外側の概要から分かるように、ヘッダピンのレセプタクルは外部からアクセスできません。ケースを使うときはその点はあきらめるしかないようです。ケースを使った場合は電源の供給もUSB Type-Cに限定されます。

ケースを使用した状態でそれらのピンを使いたくなったら、3Dプリンターで、独自のケースを作成しようと思います。その時までに、LattePandaの3Dデータが公開されていると嬉しいです。

内側

ケースの内側です。

LattePanda Alphaのチタンケース7(内側)

基板の固定には、四隅のねじ穴を使います。

中央の丸い部分や、短手側の側面となる写真の上下部分には、換気用のスリットがあるのがわかります。

LattePanda Alphaのチタンケース8(付属ねじ)
LattePanda Alphaのチタンケース9(アンテナ貼り付け位置)

チタンケースには、LattePanda固定用のねじも同梱されていました。

また、専用ケースだけあって、ケースの内側には、アンテナを張り付ける位置も明示されていました。


以上、LattePanda Alphaの各部分の詳細と専用チタンケースの詳細の紹介でした。

コメントを残す